LE MOVE!理学療法士と作る、動ける体!

バランスボールで皆さんのトレーニング、ダイエットを応援するサイト

ラッツブリッジ ~バランスボールで背中を引き締めよう!~

にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

バランスボールで広背筋をトレーニングして美ボディへ!

手をお尻の方へ向けて床につき、足をボールに乗せた状態からスタート

手で床を押すように、お尻を持ち上げる

【エクササイズ難度】

★★★★☆ Level 4


【メインターゲット】

広背筋


【こんな方にオススメ】

・広背筋を鍛えたい方

・引き締まった背中を手に入れたい方、逆三角形の背中を目指している方

・背中のトレーニングをしたい方


【ポイント】

床についた手は、お尻の方へ向けましょう。肩が内旋することで、しっかり広背筋に力が入ります。また、両手の間隔は肩幅程度にしましょう。

お尻を上げることより、床を手で押すことでお尻が上がるように意識しましょう。そうすることで、他の起立筋群よりもターゲットである広背筋にしっかり力が入ります。足から肩までが一直線になるイメージで!(実際に一直線にするには、かなり難しいですが・・・イメージが大事です!)


【理学療法士による、ちょっとマニアックな解説】

広背筋の作用は?

ラッツブリッジのラッツとは、広背筋のことです。広背筋は英語でLatissimus dorsi muscle、略してLatsと言われています。

広背筋

広背筋は基本的に肩を動かす筋肉で、肩関節伸展、内転、内旋作用があり、肩甲骨に対しては下制作用があります。

今回紹介しているラッツブリッジでは、これらの肩と肩甲骨の動きが含まれており、広背筋をダイレクトにトレーニング出来ます。

 

広背筋をトレーニングする重要性とは?

広背筋は、肩から脊柱・骨盤への広く付着する大きな筋肉です。これだけのビッグマッスルですから、トレーニングして広背筋を鍛えることでの見た目の変化も大きいです。憧れの逆三角形の引き締まった背中を手に入れるためには、広背筋のトレーニングは必須です。

 

また、代謝に対しても好影響です。ダイエットをしている方にとっては、当然ですが基礎代謝量を上げ、高い状態を維持することが重要となります。それだけでエネルギー消費量が増え、太りにくくなるためです。筋肉は、脂肪組織よりも代謝量が多いため筋肉量を増やしたい。そのためには、小さい筋肉を鍛えるよりも大きな筋肉を鍛えるほうが効率が良いということです(ただし、小さな筋肉も体の動きにとっては重要なので、トレーニングのバランスは重要です)。

 

これらのことから広背筋は、引き締まった背中の美ボディを作りたい方やダイエット目的の方にも、非常に良いターゲットマッスルといえるでしょう。

 

☆関連するエクササイズ

その他の広背筋エクササイズ

kacchin-pt-trainer.hatenablog.com